Ethical & Me

エシカルが好きです。

恋心に気づいたのは、数年前のこと。

国際協力の仕事をする中で、ふと思いました。

もっと、「好きなこと」を、仕事にしてもいいんじゃないのかな?

音楽とか、写真とかさ、いろいろあるじゃない。

わたし、何のために、がんばってるんだろう?

誰のために、がんばってるんだろう……?

いろいろと、考えたり、やってみたりもしました。

でも気がつくと、なぜか、エシカルに戻ってきていました。

そして思いました。

これは、なにか、ちがうかもしれないぞ。

正しさや公平さ、責任感。だけでは、ないのかも。

だってそれだけで、こんなに続くはずがないもの。

気持ちを掘り下げてみて、見つかったのは、

「好き」の気持ちでした。

なぜかって?

エシカルは、わたしにとって、

キュンキュンする、かわいいものだから。

ロック魂が燃える、かっこいいものなんです。

特に好きなフェアトレードを例に……

フェアトレードコーヒーは、

世界のどこかでだれかが、毎日毎日畑に足を運んで

お世話をして、大切に育ててくれたコーヒー豆を、

だれかが日本へ運んでくれて、

だれかがおいしく焙煎してくれたもの。

それって、おばあちゃんが編んでくれた

セーターみたいなものだと思うんです。

ひとめひとめ、大切に。

わたしのよろこぶ顔を、想像しながら。

それを知ったら、コーヒーの価値は変わります。

あったかくて、やさしくて、大切なコーヒーに。

他に替えることなんてできない、かけがえのないものに。

手をかけてくれた人の顔を、暮らしを、

心を想像するだけで、胸がキュンとします。

ね。フェアトレードって、かわいいでしょ。

そしてフェアトレードは、すごくロックだと思う。

そもそものフェアトレードの始まりを紐解くと、

グローバル経済が進む中で、富める者と貧しき者に

世界が二分されつつある状況に「俺達はそんな世界

望んじゃいないぜ!」とNO!を突きつけ、

世界の巨大な勢力や流れなんかおかまいなしに、

自分がよいと思うことを、始めた人たちがいた。

小さくても、できることから。

その小さなことが、世界に広がっていった。

​共感する人が少しずつ増えて、大きな流れへと。

それが今のフェアトレードだし、そのロック魂は、

今も変わらず、根底に流れていると、わたしは思います。

だから、思うんです。

フェアトレードは、かわいくて、かっこいい、

超クール!なものだと。

「好き」の気持ちの強さを、わたしは知っています。

大好きなミュージシャンの音楽がかかるだけで、

テンションが1.5倍くらい上がっちゃう。

人生のさまざまな場面で、言葉や音色に救われる。

好きなものに囲まれて暮らすことは、

日々をしあわせに暮らすこと。

好きな人と一緒に過ごす時間、

大切な人を想う時間は、

かけがえのないもの宝物。

正しい、公正、支援、チャリティ。

いろんな顔を持つフェアトレードだけれど、

わたしはただシンプルに、好きなのです。

だから思うんです。

「好き」の気持ちを乗せてデザインしたら、

もっとたくさんの人たちの心に、

フェアトレードが届いていくんじゃないかな。

うれしい気持ちと一緒に。

そう思っています。

届けたい。

かわいさ、かっこよさを。

モノの魅力、人の魅力を。

そのブランドだけが持つ、素敵さを。

橋をつくりたい。

かならずつながっている人と人が、

うれしい気持ちになれる橋を。

そんな気持ちで、エシカルをデザインしています。